狂犬病


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

狂犬病

2018年11月27日・8時25分

日本では犬に、年に1回予防接種を受けることが義務付けられているが、

最近余り耳にしなくなった狂犬病という言葉。

世界で最も感染症の死亡率が高いのは狂犬病で、

発病すると死ぬ確率は大だ、と。

今、ペットブームの国も多い。 

出かけて行った先で、「可愛い!」などと、やたらに触れないように、としている。

犬にかまれるとウイルスは神経を伝わって1ヶ月掛けて脳に侵入する。

その間にワクチンを接種して殺してしまえば、発病は防げるそうだ。

罹ると初め発熱し、

次いで水を飲もうとすると喉の筋肉がけいれんを起こして水が飲めなくなる。

その後、錯乱や興奮などが起き昏睡状態に陥り死に至る。

よく狂犬病にかかると水を怖それると言われていたが、その訳がようやく分った。

犬の他に、ネコやアライグマ、コウモリ、キツネ、マンングース、スカンク、

も、感染することがあるとのこと。

日本でも野生のアライグマが増えているので、かまれないようにと注意を喚起している。