ナメクジを食べる?


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

ナメクジを食べる?

2018年11月9日・8時40分

オーストラリアで、8年前、当時19才でラグビーの選手だった青年が、

仲間と飲んでいる最中、たまたま出てきたナメクジをふざけて食べ、

全身が麻痺し昏睡状態におちいったそうだ。

病名は広東住血線虫で、ネズミの肺に寄生し、

糞をからナメクジやカタツムリ、カエルなどに感染するのだそうだ。

1年余で意識は回復したが、体は麻痺したままで、この8日に27才の若さで亡くなった。

子供の頃は、生の野菜などをよく洗わずに食べたのかな?蛔虫に感染したことがある。

さすがにナメクジは気持ち悪くてさわれなかったが、

梅雨の時期はカタツムリを大小沢山取ってきては角を出させ

ちょっと触っては引っ込める様が面白と、みんなで夢中で遊んだりした。

カエルに紐を付けて跳ねさせたりしたこともあった。

あの頃後でよーく手を洗ったかなぁ?

ナメクジくらいで死ぬかなぁとも思ったが、見くびると大変なことになる。

元凶であるネズミ、1万匹の築地のネズこう達は、その後どうなったかな?

今になって無知というか知らないことの恐ろしさを痛感した次第で・・・・・。