プラスチックごみ


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

プラスチックごみ

2018年9月14日・8時54分

珍しくツクツクボイシの声を聞いた。ついに暑~い夏は終わった・・・・と。

そう言えば5月の連休明けにも、か弱い声でツクツクボーシと鳴いていた。

その時は時期を間違えて出てきちゃったのかな?と思ったが・・・・・。

 

日本でも景勝地の浜辺にプラスチックごみが多数流れ着くなど、

海洋汚染が問題になっているが、様々の国が削減に目を向け始めた。

アメリカではストローを紙製にするなどの対策を考えているようだ。

中でビックリするのが、ハワイ沖の、

世界で最も多くのプラごみが集まるとされる太平洋ゴミベルトなるもの、

3,11で流された日本からのごみが40%も含まれていて、

全部で、日本の面積の4倍以上の160万平方キロ、重さ7万9000トンにも及ぶそうだ。

回収に向けサンフランシスコを出航したのが、

オランダのNGOの浮遊装置を付けたけん引船で、5年間でこのごみを半減させる計画。

この装置は、長さ600m、深さ3mのU字のフェンスで、

波や風を利用して、海面を浮かせながらごみを回収する。

費用は寄付や、企業の協賛金で賄なっているそうだが、うまくいくことを願っている。