加藤剛氏が逝く


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

加藤剛氏が逝く

2018年7月11日・8時53分

錦織圭選手は、今まで何回か挑戦してきたウィンブルドンで、

今回初めて準々決勝に進んだ。

日本の男子としては95年の松岡修造氏以来の23年ぶりだそうだ。

伊達公子氏は4大大会全てで、8強入しているそうで、

功績を初めて知り、あらためて彼女の強さに感服した次第。

 

私の時代のあこがれの大スターだった俳優の加藤剛さんが亡くなった。

我が静岡県の御前崎の出身で、

縁起は勿論だが、知的で端正な顔立ちが大好きだった。

時代劇も好きで、大岡越前は長いこと楽しませてもらった。

去年の暮れ、徹子の部屋でお見かけした時、随分おやせになっていて、

がんでは?と思ったりしたが・・・胆のうがんだったそうだ。

長男の俳優夏原諒氏が、「誰に対してもあの優しい笑顔で接し、

人の痛みがわかる、他人の為に涙が流せる人間になりなさい!と言っていた。

反戦を訴え続けていた自慢の父だった。」と。

がんと知ってからも、もう少し辛抱すれば必ず元気になると、周囲にも気を使い、

前向きに考えていたそうだ。

生涯、人間の鑑とされるような生き様を貫いた方だなぁ?