史上初の米朝会談


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

史上初の米朝会談

2018年6月13日・8時59分

朝からジカ暑い!お天道さんをさえぎる雲の下は、ちょっとはしのげるのだが・・・・。

 

きのうは一日、どの報道番組も、シンガポールでの、トランプ大統領と、

金正恩委員長による史上初の米朝首脳会談で、持ちきりだった。

カペラホテルのあるセントーサ島は、本島から600mの所にあり、

橋とモノレール、ロープウェーの3つの経路だけでつながっているので、

警備がしやすいのだそうだ。

トランプ氏は「我々は素晴しい関係を築く」と、

金氏は「過去を全て乗り越えた」と、

聞いているだけで何とも言いようのない高揚感が湧いてくるのだが・・・・・・。

非核化は今後の調整次第?詳しいことは追い追いに。

で、共同声明には具体的な物はなにも盛り込まれなかった、と。

北朝鮮の非核化にかかる費用は韓国と日本が払う!にはビックリ!

エエッ!そんな事になっていたの?非核化は世界全体の問題じゃないの?


解決済とされる、日本の拉致問題も会談で提起してくれたそうだが、

答えは?日本にとって非常に重要な問題だから、

双方でこれから協議していけばいいのでは?とのことだ。

多くのメディアが、「スタートにしても実りが少なすぎる。

全体的にトランプ氏は成果をあせって金氏の主張に乗ってしまった。

米韓の軍事演習は中止?だなんてとんでもない!

北朝鮮に大きく歩み寄った形で準備不足の感はいがめない!

9月の中韓選挙をにらんでのパフォーマンスで内容は何もない。

軍配は金氏に上がったかな?との見解を示している。