だいすけお兄さんの「おかあさんだから」


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

だいすけお兄さんの「おかあさんだから」

2018年2月12日・8時43分

NHKのみんなげんきー?で始まるおかあさんといっしょ、

歌のお兄さんの横山だいすけさんが歌う「おかあさんだから」がネットで炎上している、と。

作詞をしたのぶみ氏で、氏のことを今まで名前も知らなかった。

色々の分野で活躍している人を密着取材するTBSのドキュメンタリー番組、

情熱大陸で紹介され注目を浴びた絵本作家だそうだ。

いじめやひきこもり、自殺未遂、暴走族の総長など異色の経歴を持っている方だとのこと。

氏の「ママがおばけになっちゃった」は、絵本としては異例の54万部の大ヒット、

「いのちのはな」シンガポールの小学生の作文から作った「ママのスマホになりたい」等々、

ヒット作が多くあるとのこと。

しかし、これらの作品の内容は、死とか人生などのテーマを扱かったもので、

絵本としてはいかがなものかとの批判もある。

今回の歌詞を見てみた。

「一人暮らしていたの おかあさんになるまえ ヒールはいてネイルして 

立派に働けるって強がってた 

今は爪めをきるわ 子供と遊ぶために 走れる服着るの パートいくから 

あたしおかあさんだから

あたしおかあさんだから 眠いまま朝5時に起きるの 

あたしおかあさんだから 大好きなおかずあげるの 

あたしおかあさんだから 新幹線の名前覚えるの 

あたしおかあさんだから あたしよりあなたの事ばかり

もしおかあさんになる前に戻れたなら 夜中に遊ぶわ 

ライブにいくの 自分のために服買うの 

それ ぜんぶやめて いまあなたのおかあさん 

それ ぜんぶより あかあさんになれてよかった」

感動した、こういうおかあさんになりたい、お疲れ様の応援歌だとする称賛の声と、

あたしおかあさん、あたしおあかさんと繰り返し、呪いみたいに思ってしまうとか、

母はこうでなければと型にはめ、無理強いしているように感じるのが不快だとする意見で炎上。

氏はチャンスがあれば、おかあさん達に何がダメだったかを聞き 書き直したいとしている。