靖国神社の参拝


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

靖国神社の参拝

2017年12月6日・8時19分

「姉の命日、箱根のお寺に行かなくっちゃぁ・・・・」に、

Yが、「さかやにシキビはある?」

「サカキはあるけどシキビはないよ!」

「じゃぁ苗を持ってきてやるよ!」

「苗?木があるの?」

「いっぱいあるよ!ほとけさんを放し飼いにしたって大丈夫だよ!」だそうで。

 

きのう、超党派の国会議員で作っている「靖国神社に参拝する国会議員の会」の61人が、

靖国神社に参拝、他の76人は代理で参拝したそうだ。

この中に閣僚は含まれていないとのこと。

ちなみに安倍首相はというと、

10月の例大祭の時、中国や韓国に配慮し参拝はせず供物を奉納した。

超党派って?共産党や民進党、立憲民主党の議員連は?

戦争で亡くなった方が英霊として祀られている靖国神社は、

戦後75年にもなるのに、ことある事に問題視され、メディアが大きく報じている。

A級戦犯とされた当時の東條英樹首相も、戦争を回避しようと尽力したが、

アメリカ側の緻密な対日策にはまり、真珠湾の1発から太平洋戦争が勃発した。

東京裁判でA級戦犯となった彼らを、中国や韓国は大罪を犯したとし、

靖国に14名が合祀されているのが問題だとしているが、

日本人にしてみると、戦争責任はあるだろうが、

すくなくとも、日本の自主独立を守ろうとした方々だとの思いもあり、歴史認識に違いがある。