東京五輪のメダルは携帯から


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

東京五輪のメダルは携帯から

2017年8月13日・8時29分

久しぶりに、高校生の孫が来た!ニコニコしながら「お盆玉って知っている?」と、

お年玉に対し、夏はお盆玉と言うそうで、つまりは子や孫に小遣いをあげることだと。

年に2回とは、悩ましい・・・・。

 

ロンドン世界陸上の400mリレーで、

多田、飯塚、桐生、藤光の4人が力を集結、ついに銅メダルを獲得した。

去年のリオ五輪に続き2度目、おめでとう!

小池都知事が「5万個を突破した」との報道が。

東京五輪の選手に授与するメダルを作るために、

この1月に不要になった携帯を回収するメダルプロジェクトを、立ち上げたのだ。

携帯電話の活用は、ドコモが大会組織委員会に提案したもので、

携帯が800万台集まれば、必要な金と銅のメダルは十分まかなえると、

銀は不足するが、余った金と銅を換金して、銀の購入費用に充てるそうだ。

携帯のリサイクルを推進することで、多くの都民も参画しているとの気持ちにも通じる。

古い携帯100gには、金0,03g 銀0,17g 銅16,5gが入っているそうだ。

ちなみにオリンピックとパラリンピック合わせると全部で5000個のメダルが必要になる。

ところで、携帯800万台から、金属を取出すのにどれだけの手間がかかるのかな?