南極の氷が崩壊


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

南極の氷が崩壊

2017年7月17日・8時40分

日本列島北海道から沖縄まで記録的な猛暑が続き、まっかっか!

今日は海の日、が恋しい!近くで一番人気のラララサンビーチは、今日も芋洗い状態?

 

南極に多く存在する棚氷の一つ中から、最大のラーセンCが分離、海上を浮遊しているそうだ。

大きさは日本の三重県や千葉県にも匹敵する面積2800平方キロ、重さ1兆トンの巨大な氷山。

ラ-センCの全面積の12%に当たるそうだが、

20年くらい前にはラーセンAが、15年くらい前にはラーセンBの65%が崩壊した。

これは温暖化によるもだと言われている。

しかし、北半球の氷の減少が進む中、南極では横ばいが続いていて、

この数年の冬場の氷の表面積はやや増大してきているとのこと。

って言うことは、地球は温暖化から氷河期に?

今回のラ-センCは、旅慣れた人や珍しいところに行きたい人に人気で、

南米からの客船の重要な目的地の一つになっている。

日本の温暖化も進み、昔は扇風機だけだったのに、

今や、どこもかしこもクーラーの室外機がブンブンうなり、外気温は猛烈に上昇!

南極の究極の氷はいかがですか?

ラーセンCをかき氷にしたら、美味しいフラッペが日本中の人に提供できるかな?