北からのミサイルの恐怖


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

北からのミサイルの恐怖

2017年4月20日・8時29分

今日の暦に穀雨とあった。

春の温ったかい雨が降り、穀類の目が伸びてくるころで、種まきにいい時期だそうだ。

きのうの朝8時半頃、防災無線で、大崎市全域に2渡に渡り

「ミサイルが当地に着弾する可能性があります。屋内に避難して下さい」

と、避難勧告が流されたが、これが、誤報?で、役所内向けの試験放送だった。

聞いて 「こんな時期だけに、本当でなくてよかった!」とニンマリ!して一呼吸。

チョットまって!市民はびっくりしただろうなぁ!と。

時間の猶予はどれくらい?非常持出し袋はどうする?一体どこヘ逃げるの?

津波と違って高いところがいいとは限らない!で、屋内?

家の中で肩を寄せ合い、ミサイルが頭の上を通過していくのを待つ?

運が悪いと家ごと吹き飛ばされる?

政府が躍起になっているほどには身に染みず、対岸の火事くらいに思っていたが、

急に危険が身近に迫ってきたようで恐ろしいし、勉強にもなった。

ところで大崎市って何県??宮城県でした。

IMG_3667 今採ってきたとワラビを戴いた。