安倍内閣の女性大臣達


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

安倍内閣の女性大臣達

2014年9月7日・9時10分

3日に、安倍改造内閣が発足、地方創世に全力を尽くすとした

女性が活躍できる社会を、として女性が5人入閣、

少子化対策担当大臣は有村治子氏小渕氏に次ぐ43才の若さである。

20140904-1

少子化の対策というと、保育園や産科、小児科の充実とか?他に?

欧州の先進国や日本では少子高齢化が進んで問題になっている。

中でも日本の総人口は減少し続け、

2050年には一億人を割るのでは、などと心配されている。

これは、豊かさが人口増加に対する歯止めの大きな要因となっているのだそうだ。

反して、地球の人口は年々増加し、特にアジアやアフリカなどの途上国の人口56億人は、

2060年代になると80億人に達するであろうと予測されている。

地球上で養える定員は100億人だそうで、対策を考えないと、このままでは、

水と食糧の奪い合いが起こって弱肉強食の社会になってしまう。

食料をふやすことは可能なのかどうか?というと、

日本では農業の工場化が進み、

季節や天候に左右ず、洗わずにそのまま食べれる野菜作りが展開しつつある。

魚はというと、近大では海のダイヤ本まぐろの完全養殖に成功。

先日の国際会議では、来年から幼魚の漁獲量を半減させようと提案し合意を得た。

うなぎの養殖の成功も時間の問題になってきた。

世界一安全で、開かれた国日本、

これからは、大国に媚びない、強い自主独立心と自尊心を持った、

世界中から頼られるような確かな日本を、みんなで目指して行きたい!