稲アレルギーで


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

稲アレルギーで

2014年9月6日・7時57分

この辺りでは、今、ちょうどイネが受粉の時期で、若緑色の絨毯が一面にに広がっている。

中に一ヶ所、四角い黒紫のマスが、多分黒米だろう。

20140906-2

岐阜県の子ども達、3500人余りが目の異常を訴えたと報じられた。

目のかゆみや充血は、イネ科の花粉によるアレルギー性結膜炎だそうだ。

10年ほど前、友人の娘が、茨城県出身の青年と恋愛し、ご両親に挨拶に出かけた。

その後の報告がないので、しばらくしてから「お式はいつなの?」と電話すると、

ダメになったとのことだった。

理由は、彼女が稲アレルギーだからだそうだ。

稲アレルギーなんてあまり聞いたことがないが、

「花粉の時期だけなんだから、その間だけ我慢すればいいのに、その程度の愛だったのか」

なんて、私の浅はかな考えである。

あちらがひろーい田んぼの真ん中にある大きなお家で、しかも一人息子。

なんやかやで悩んだ結果の結論だったそうだ。

苦しんだ彼女も、今は2児の母である。