日本の少子化問題


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

日本の少子化問題

2014年8月29日・7時41分

 一人の日本人がタイで大勢の女性のお腹を借りて子どもを産ませた代理出産

漠然と分ってきたことは、

ある最大手の会社の社長の子息だそうだが、卵子は誰のを使ったのかな?

して量産の目的はというと、税金対策だとのこと。

日本では、少子化で労働人口が減少し、

森林や農家の後継者、伝統行事や地域文化の継承者が減るのに反比例して、

高齢者の社会保障の負担が増えるなど、色々の影響が出はじめている。

この状態に歯止めをかける方法は?考えると気持ちとしては複雑である。

もう一つ気になるのが、出生前検診。

折角妊娠しても、病気の疑いがある「陽性」と判定されただけで、

多くの人が、人工的に中絶を選ぶそうだ。

妊婦は、「堕ろすのは、恐ろしし悲しいが、かといって産んで育てる勇気もない」と。

いまに、知能指数の高い低いまで解り、選ばれた子しか産まなくなるのでは?