日本でもワイン法が?


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

日本でもワイン法が?

2014年8月19日・6時24分

生ビールの消費量は鰻登りだそうで・・・・。

でもワイン党にとっては、どんなに暑くとも、やはりワインが一番である。

海外の要人をもてなす時 、晩さん会でのワインは国内産をお出ししいているそうだ。

 誰もがそのワインのおいしさに驚くとのこと

しかし、今までは日本のワインは低質だと見られてきた。

秘本ではワインに対する定義があいまいで、信用出来ないとされていたからだ。

愛好家の中には、葡萄の産地や、品種、風味の多様性と持続性、瓶熟成の可能性、

などにこだわる人が多い。

日本ワインも、最近世界市場に出はじめ高評価を得るようになった。

ワイン業界は、

ブドウの産地や品種、収穫量、醸造法、熟成条件などを規定したワイン法を作って、

大々的に世界に打って出るのだと意気込んでいる。