高齢者の境界線


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

高齢者の境界線

2014年6月10日・10時14分

今日は時の記念日である。時間を大切にしなくちゃぁ・・・・・。

某TVで、「国で定めた65歳は高齢者という総称に、?がある」と。

昔から60歳以上は高齢者という概念があって、

それが65歳にスライドしたまでだが。

急に背中が丸くなったなぁとか、足取りがこころもとなく見えたり、とか、

白髪が増えたり、耳がとうくなったり、とか、

がんばらなくちゃぁが、歳だからとなにもかもおっくうに成ったから、高齢者かな?

と、何気なく納得したり・・・・。

反して、まだまだ現役でバリバリ仕事をしているから、とか、

おしゃれや教養、品位も、若者には負けないから、高齢者とは呼ばないで!

なと、賛否両論でている。

65~70歳は、若年者と高齢者のはざま域かな?