真のリーダーとは


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

真のリーダーとは

2014年4月30日・7時29分

「責任を取るべき人は責任を取るべきである。」

とは、セウォル号沈没事故遺族の訴え。

事故発生後の政府の対応について、

日が経つにつれ国民の不満は大きく膨らんできている。

朴大統領の責任を追及するネット書き込みも、多数見られ、

中でも、題して「あなたが大統領を続けられない理由!」

この書き込みがユーザーの大きな話題になっているのだそうだ。

大統領として果たすべき職務のうち、最も重要な事項を果たしていない。

リーダーは責任を各部門に適切に分配する責任がある

大統領のやるべきことは混乱が生じた場合に全力でこれを整えること。

現場に出向いて生存者を慰問することではない・・・・・としたもので、

その上で、「大統領に与えられた権力と待遇は大きな責任と引き換えにある。

人命救助もできない大統領、その責任を負おうともしない大統領は必要ない。

心から退任を求める」とあった。

3年前の東日本大震災の際、

当時、最高指揮官であった菅首相が、長時間、司令塔である官邸を離れ、

緊急対応に追われていた現地視察をして、ひんしゅくをかったことが思い出される。