韓国で客船の大事故


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

韓国で客船の大事故

2014年4月18日・9時29分

日本でも天童よしみの珍島物語でよく知られている韓国の珍島、

海割れが起きることで観光客に人気がある。

修学旅行の高校生ら大勢が乗った珍島行きの旅客船で沈没事故が起きた。

原因は、急旋回で、

積載貨物が片寄り、バランスを崩したところに、海水が大量に流れ込んだから。

事故後、そのまま待機をするようアナウスが流れたというが、

プロによると、直ちに救命ボートで逃げれば、

こんなに犠牲者は増えなかったかも?だそうだ。

が、どんな指摘も、後悔先に立たずである。

専門家によると、転覆した船体は各ブースが鉄板で区切られているそうで、

そこは、空気が残っていて、人が閉じ込められているのでは?と言われている。

これが本当なら時間との戦い、早く助け出さないと・・・・。

策としては、潜水夫が酸素ボンベを2個持って逆さまになった船の下から入り、

対対で、救出するのだそうだが、高波で近づけないとのこと。

日本の自衛隊は、なぜ救助に向かわないのか

「防衛省は救援、捜索の協力要請があれば、直ちに自衛隊を、

国際緊急援助隊として派遣する」と、韓国政府に申し出たが、

まだ、韓国側から要請は来ていないそうだ。

朴大統領も、意地を張っている場合じゃないと思うが・・・・・。

この船、日本で18年間、鹿児島や沖縄を結ぶフェリーとして航行していたもので、

おととし韓国が買って客室を増設し、去年の春から就航していたとのことだ。

多分重心も上がったので、安定性に少し問題があったかも?