世紀の発見STAP細胞とは


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

世紀の発見STAP細胞とは

2014年1月31日・8時29分

おとといのトップニュースで、「世紀の発見}と驚きの声があがった。

理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子チームによる、

STAP細胞の発表だった。

山中教授によってi作られたPS細胞を、多くの医学者の利用、研究することで、

何年か先には、再生医療が不治の病を無くすのではと、期待されている。

しかし、これを越えるかもの、STAP細胞の作製に成功したのだ。

こSTAP細胞とは、

酸性の刺激、例えば紅茶程度の酸性で、細胞の初期化が起こり、

あらゆる組織、臓器に変化する「多能性」を持つというのだ。

この第3の万能細胞は、作製もiPS細胞よりも簡単で、効率が良く、

iPS細胞の課題であるがん化のリスクも低いし、

不可能だった胎盤も再生できるそうだ。

老化のメカニズムも解明され、どの臓器も壊れると新しく再生され、

人間は死ななくなるかもね?

弱酸性のお風呂に一時間も入っていると、

ドンドン若返って赤ちゃんに成っちゃったりして・・・・・・ウッシッシ (顔)

彼女は「この研究は、今すぐ誰かの役に立つわけではない。

いつか、世界に貢献できるようになりたい。そのために研究を続けたい。」とした。