名護市長選は移設反対派が勝


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

名護市長選は移設反対派が勝

2014年1月20日・8時08分

米軍の普天間の辺野古移設の是非が訪われた名護市長選、

移設反対の現役稲嶺進氏が再選を果たした。

自民党推薦の候補は、惜しくも?落選。

政府は、この結果について、

「当初予想していた結果よりも、はるかに票差は少なかった。

辺野古の埋め立ては知事から承認をいただいているので、

地元にできる限り丁寧に説明して、理解を求めながら、

法的な手続きに基づいて進める。」とした。

20140120-5

当分辺野古の海の生物は無事?とか、普天間飛行場からいつなくなる?とか、

260億円の交付金はナシ?とか、地元の活性化と雇用問題は?とか、

とかとかとか・・・・・問題山積である。