レーシックで後遺症に


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

レーシックで後遺症に

2013年12月5日・8時11分

今、レーシックで後遺症が問題になっている。

娘も10年ほど前にオーストラリアで手術した。

翌日の朝、時計がよく見えて感動したそうだ。

0、05だったのが1、5になったのだからスゴイ!

が、段々視力がもどってしまい2回目の手術に踏み切った。

その時も、「失明しても文句は言わない」むねのサインをしたそうだ。

左と右の視力を少し変えたので、今でも支障なく遠くも近くも見えるとのことだ。

昔は、近視手術というとスポーツ選手などの特殊な人ばかりだったようだが、

最近はごく普通に多くの人がおこなうようになった。

光がにじんだとか、暗いところで物が見えにくくなった、などのクレームがあるそうだ。

どんな手術でも、リスクはともなうと思う。

レーシックの問題点やデメリットなど、よく説明を聞いたうえで、

手術するかどうか決めるといいと思う。