太陽に最接近したアイソン彗星の行方


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

太陽に最接近したアイソン彗星の行方

2013年11月30日・7時04分

太陽に最接近したアイソン彗星

10年に一度くらい現れる氷の塊のような星で、太陽に近づくにつれて長い尾を引き、

明け方、東の夜空に神秘的な姿を見せると期待していたが、

NASAが滅びたらしいと発表した

20131130-2

どうして消えてしまったのか?ふしぎである。

ANAとJALが、12月8日未明に羽田を発って、

上空で機窓越しの夜空に彗星を観察できる1時間半のフライトを計画

天文学に詳しい機長が操縦かんを握ったり、宇宙飛行士がトークイベントやったりと、

高い人気を集め、販売開始直後に完売状態になった。

このツアーはどうなるのかな?と思ったら、

彗星はまだ生きているとも言われていて、情報を確認した上で最終判断をするそうだ。