卵までもが値上がり・・・・


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

卵までもが値上がり・・・・

2013年11月28日・9時03分

アベノミクスでデフレ脱却??

食品の値上がりが、家計を直撃している。

天候不順から野菜が高騰かと思ったら、

こんどは、レストランなどでの食材の誤表示から、海老類の値が上っているし・・・・。

ついに、価格の優等生で、庶民のつよーい見方であった卵までもが、

10月からジワジワ値上がりし、品薄で、倍近くにまでなってしまった。

寒くなってコンビニおでんが売れ出したことや、

クリスマスケーキの季節に入ったこと、おせちもソロソロの時期だし、

でも、今年は特に夏の猛暑で、卵を産む鶏がやられたことが最大の原因らしい。

ナナさんの千葉の同級生は15万羽の鶏を飼っているそうだが、

今年の夏は数千羽も死んでしまったそうだ。

15万とはスゴイと言ったら、全てオートメ化しているので人手はかからないそうだ。

昔、田舎では、どこの家も庭先で鶏を飼っていた。

青虫やミミズを食べ、必ず同じ草むらの中に卵を産み、

暗くなると縁の下に潜って寝ていたのを思い出す。

卵までも直撃している天候を、どげえかせんといけんがですが!・・・・・ちっ (怒った顔)