天高く小鳥さえずる秋


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

天高く小鳥さえずる秋

2013年10月14日・7時52分

 埋め立てて作られた人工の公園として、又、ニッポン一の大観覧車でも有名な、

葛西臨海公園の一部が、五輪のカヌー競技場になる予定だそうだ。

多くの人が完成を待ちわびる中で、

持ち上がったのが一部江戸川区民の反対運動!?

海と池と湿地と森林のあるこの辺りは、

水辺の淡水の鳥と海水の鳥、そして林の鳥を一所に見られる貴重な場所で、

絶滅危惧種の鳥もここに来るとしばしば会える?ファンタジックな所?だとか?

バードウォッチングを楽しむ人にとってここの再開発は、大いに異存があるようだ。



ピーヨホホピヨホー・・ピーヨホホピヨホー・・ピーヨホホピヨホー・・

青空の下、秋祭りに踊り出しそうな小鳥のさえずりが窓から聞こえる。

さえずりと言うにはあまりにはっきりしていて、声を張り上げているようだ。

どんな鳥かと覗いてみたが、姿は見えず!ほんにおまえは・・・・・。

鳥の鳴き声を、人の言葉やフレーズにおきかえることを、ききなしというそうだ。

 例えば、ホトトギスは「てっぺんかけたか」、コジッケイは「ちょっとこいちょっとこい」、 

ヒヨドリは「きてきてきてきて」、と聞こえるように・・・・・。

ピーヨホホピヨホーは人間言葉のききなしするとなに?なに?