「特定秘密保護法」が決まるらしい


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

「特定秘密保護法」が決まるらしい

2013年10月12日・8時02分

安倍政権は、国の機密情報を漏らした公務員や共犯者への罰則を強化する、

特定秘密保全法を制定するつもりらしい

先頃、防衛秘密や企業機密が中国人に漏れたと問題になったが、

日本にはちゃんとした罰則規定がないそうだ。

アメリカと情報共有するためにも、これは必要だとした。

アメリカがロシアに返還を迫っている元CIAのスノーデンや、

ロシアに返還した元美人スパイのアンナが、一時、騒がれていたが・・・・。

国民は、日本の機密が中国に漏れ漏れで、こうむる被害を心配している。

そのうち、大国中国の傘下に組み入れられ、

本州市とか、北海道省とか、九州自治区とか、四国自治区とかよばれて?

たら、大変だから!じゃぁどれとどれが機密で、その何処までが?

秘密の範囲や罰則をどう定めるのか、まだまだ多くの課題が。

もちろん、国民の知る権利と報道の自由も考えて?・・・・なかなかむずかしい!