ライスロンダリング


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

ライスロンダリング

2013年10月6日・9時12分

旅館でお客様にお出しするご飯は、米の産地を表示するように決められている

ちなみに、さかやでは北海道産のななつぼしを使っている・・・・。

犯罪で、手に入れたお金を浄化することをマネーロンダリングとういが、

米業界でも同じようなライスロンダリングが行われているらしい。

不正に収益を上げていた会社が摘発された。

日本の主食である米は、人口の減少や食の多様化から、今は充分足りている。

しかし、一度休耕田にすると荒れ放題になり、元に戻すのに4〜5年かかるため、

天候などの不作の事態の備えが必要になる。

この休耕田を利用して、政府は補助を出し、加工用の米作ってもらっている。

加工米と言っても、品質は味も形も主食米とまったく変らない。

ある悪徳会社が、この安い加工米を仕入れ仲間の子会社に転売、

その後買い戻しという伝票上だけの操作で、主食用に転換しブレンドして販売していた。

「米屋は儲かる」なんてうわさをよく聞くが、法改正で、

直接農家から仕入れることが出来るようになったからかな?と思っていたが、

こんなキタナイやりかたで消費者をだましていたなんて許せない!

加工米はせんべいや団子、パンなどの材料に成ることが多いから、

米粉にしてから出荷すればいいのにね!