踏切内で救助の女性が死亡


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

踏切内で救助の女性が死亡

2013年10月4日・6時26分

横浜の警報機の鳴っている踏切で、うずくまっている老人を助けようとして、

40歳の女性が列車にはねられ亡くなった

彼女は、父親の運転する車の助手席で電車の通過待ちをしていた。

老人に気づき、飛び出して行き、

老人を抱き起こそうとしたところに電車が来てしまったらしい。

この事故を聴いた時、ふっと頭に浮かんだ貧相な考え、

若いのに可愛そう!なにも死んでまで助けなくっても!・・・・・。

「おまえさんは死んだけどおじいさんは助かったよ!ありがとう」って冥福を祈る?

にっこり笑った優しそうな彼女の写真を見ていると・・・・なんともむなしく悲しい。