ヘイトスピーチ


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

ヘイトスピーチ

2013年10月1日・7時35分

韓国のパク大統領は、

訪韓中のヘーゲル米国防長官が、日韓関係の改善を求めたのにたいして、

答えは「努力する」ではなく「ノー」だった。

韓国では「ちょんにょんはん」と言う言葉がはやっていつそうだ。

千年恨と書き、日本に対するもので「被害者という立場は千年を経ても変らない」

という意味だそうだ。

日本で、

「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワークが結成された」とあった。

人種、宗教、性に対する偏見や差別などを理由にしておこる憎悪犯罪を、

ヘイト・クライムというのだそうだ。

ヘイトスピーチとは差別的憎悪表現のことで、黒人やユダヤ人、同性愛者、

婚外子、障害者、日本では在日韓国、朝鮮人、部落の出身者等にたいする暴言が、

それにあたる。

例えば、在日コリアンの人たちに対し「お前ら殺すぞ」とか「たたき出せ」とか、

これに対抗して、差別禁止法を求める運動が全国に広がりつつあるそうだ。

韓国人の方が、日本人に対する言葉はキタナイという印象はあるが・・・・・・。

韓国との中は、竹島や慰安婦問題、放射能による水産物の輸入禁止等で、

冷切ってきている。

拉致問題、ミサイル発射や核実験で、北朝鮮との中も、改善していない。

これらを常日頃見聞きしている日本人は、

相手国の悪い印象だけがすりこまれてしまい? レイシズムが生まれてくるのかも?