桜島が大噴火


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

桜島が大噴火

2013年8月23日・6時40分

世界遺産に登録された富士山

休火山と教わったが、いつの間にか活火山に格上げ?

が、この辺りの住民は、噴火のことなど気にかけていない。

それに引き替え、ズーッと活動している火山というと、大根で有名な桜島。

それが、先日大噴火をした。

噴煙は5000mまで上がり、大量の火山灰が市街地にまで降り注いだのだ。

20130823-1

画像で見ると、視界は遮られ、息苦しいとハンカチを鼻に・・・・。

降り積もった灰は掃くだけで舞い上がり、車もそのまま拭くと傷がつく。

集めた灰はどこに捨てるの?

成分が火山ガラスだそうで、コンクリートや研磨剤などに利用されている。

畑では養分が少なく、サツマイモや大根以外の作物にはむかないらしい。

この灰をシラスとも言い

建物の塗り壁にすると、無臭でシックハウスも起さないから適しているようだ。

昔のシラコ壁はここからきたのかも?なぁんてぇ!

TVコマーシャルに出てくる石けんの材料にしてもよさそう!