富士山、世界文化遺産登録後、初の山開き


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

富士山、世界文化遺産登録後、初の山開き

2013年7月1日・13時24分

今日は、富士山が世界遺産に登録されたから初めての山開きである。

きのうから大勢の人が、ご来光を目指して、登山しているそうだ。

さかやからは霞んで下の方しか見えないが、素晴らしいご来光が拝めたことだろう。

この誰もが目にしたことのある、四季折々の見事な景観を見せる霊峰富士、

年間降水量は20億トンをこえると言われている。

しかし不思議なことに、この水の山には川がない。

あの大量の雪解水は地中深くもぐり、山麓の富士五湖や忍野八海、

白糸の滝などから湧水として現れ、最後は駿河湾の海底湧水として湧き出している。

さかやから車で20分位のところにある柿田川湧水



ここから湧き出す富士山湧水の水量は東洋一で、一日百万トンをこえるそうだ。

美味しい天然のミネラルウォーターは、

近隣 市、町民350万人の飲料水として使われ生活を潤をしている。

地球にある全ての水うち、飲料になる水はたった0、22%そうで、

美しい水の国日本、中でも富士山は水の聖地としても最高峰でもある?