今年もまたまたツバメ達が


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

今年もまたまたツバメ達が

2013年6月4日・18時02分

ことしもツバメが7〜8羽、初夏の青空の中忙しそうに出入している。  

空中に舞う小虫を捕っているのだろう。



親がせっせと餌を取り、雛に餌をあたえる情景は、見ていて胸が熱くなるほどだ。

ツバメは昔から益鳥とされ、不幸とか火災などが起こる家には入ってこない、

巣のある家は栄える、等と言われ大事にされてきた。

ツバメが巣をかけると、下に板を打ち付けたりして、糞対策も考えたものだった。

可愛いし、今年も来てくれたとホットしてうれしくなる反面、

8階の屋根下に作った巣では、糞が落ちることをどうすることも出来ない。

あそこなら蛇もカラスもこないし、安心して子育てができるものね!

と思いつつも、エレベーターの横の外ガラスを見ると、ため息が出て痛し痒しである。