John Gottman博士の離婚黙示録の四騎士


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

John Gottman博士の離婚黙示録の四騎士

2013年4月18日・8時32分

すごい!朝一でボストン爆発テロ事件の犯人がもうすぐ逮捕されると報じられた。

監視カメラに映っていたそうで、そこでかけていた携帯から特定したとのことだ。

以前、日本でも監視カメラをたどり、オオムの林や、渋谷駅で男性が刺された事件、

遠隔操作の犯行予告事件など、数々の事件が解決されているが、

なくなった男の子と、足を失った彼の妹のことを思うと、なんとも心が痛む。

早く犯人をと望んでいたが、まさかこんなに早くとは想像していなかった。



春なのに・・・・・最近の芸能界は離婚が目白押しのようだ???

愛し合い、お互いに尊敬し合い、希望に満ちて新生活をスタートさせたであろうに、

離婚となると、自己を強く主張し、裁判でマスコミの餌食になる夫婦もいるほどだ。

今年最後のぼけの花

離婚を何とか回避修復し、元の鞘に収まるには?

John Gottman博士の論説によると、

別れる予兆」となるには4つのコミュニケーションがあるそうで、

この予兆があてはまると、90%以上の確率で別れてしまうとのことだ。

ヨハネの黙示録の四騎士からとって、その名も「黙示録の四騎士!」

☆非難

建設的ではない意見や批判をするだけでなく、相手の人格や興味を攻撃すること。

例えば、自分の性格を、素晴らしいと自負し、周りも認めてくれていると信じていたのに、

ぞの人格を欠点として批判するような態度をとる。

☆保身

無実の被害者を演じる。

☆軽蔑

自分の方が頭が良い、親として優れ、生活態度がきちんとしているなどと、

相手を見下して小馬鹿にして、相手より上だという雰囲気をかもし出す。

これは相手にも伝染することがある。

例えばケンカをしている時でも、相手の文法的な間違いを指摘したりする。

☆閉め出し

相手と関わらないようにしたり、引き離したりする。

このような兆しが見られたら、気をつけないと離婚につながるから要注意だ。

本来、夫婦は、ケンカはしても、お互い相手を尊重する気持ちは捨てていない。

昔から言われる「子はかすがい!」今の時代は通じないかも?

修復したいと思ったら、これらの4項目を指標にしていけばいいのかな!