ユーロ圏、今度はキプロスが問題に!


※電話予約の方はコチラ
↓ ↓ ↓
055-948-1255
(24時間電話受付中!)

ユーロ圏、今度はキプロスが問題に!

2013年3月26日・8時21分

25日の安倍首相とEUの首脳との会談が、

キプロスの支援問題のとん挫で、ドタキャンになった。

春の野草

ユーロ圏の中でギリシャに次いでキプロスがまたもや危機に陥ったのだ。

キプロスって、どの辺かと思ったら地中海に浮かぶ、人口100万人弱の島国で、

愛と美の女神ヴィーナスの誕生の地として知られているそうだ。

この小さな島国が何故危機に陥っているのか不思議だったが、

銀行がロシアなどの内外の富裕層から集めた豊富な資金で、

大量のギリシャ国債を購入していたため、大半の債権が紙屑になってしまったのだ。

今度は、ギリシャを救うために犠牲になったキプロスを救うはめになった。

ユーロ圏の金融危機は、日本も円高や株価で少なからず影響を受けている。

半ば解決したもの不安が残るとして、今日はユーロに対して円高になっている。

これを防ぐためにも、EPAと政治協定などの日欧協力についても話し合われるらしい。